無線LAN導入を考えている企業に必要な情報

無線LANの導入を検討している企業に必要な情報はセキュリティに関する情報でしょう。日本の回線業者は優れているので、回線につながらないというトラブルや、回線の速度が遅いというようなトラブルは少ないです。また業者も安全なので、情報を盗んだりするようなことはないのですが、外部の人に勝手にアクセスされるという事例があります。無線LANを企業に導入すると、その電波は当然建物の外にも飛んでいくことになります。その電波にはパスワードがなければアクセスできないようになっているのですが、このパスワードがなんらかの理由で流出したり、ハッキングされるという可能性はないわけではないでしょう。パスワードがわからないハッキングというのはランダムで記号の羅列を入力するようなものです。

公共の電波も実は危険性が高いです

企業の無線LANを考える上では、公共の電波のことも知っておくと参考になるでしょう。よく公共の施設でだれでもつなげるWiFiなどがありますが、あれは実は危険性が高いです。接続したらただちに情報が流出するわけではないのですが、そこの公共のネットワークに接続した状態で気密性の高い個人情報を入力したりすると、その入力内容をハッキングされる可能性があります。ネット上で入力したものというのは当然その接続している電波を介して、入力先のサーバーなどに情報が届きます。その電波の段階でのやりとりを盗もうと張っている人がいる可能性があります。この話は企業の無線LANの話とは直接的には関係ないのですが、このような事例や仕組みを知っておいて、対策の際の参考にするのが良いでしょう。

具体的な企業の無線LAN対策とは

とにかく、万が一ネットワークにアクセスされても、重要な情報にはアクセスされない仕組み作りというのが重要です。これは回線業者がどうこういう問題ではなくて、単純に企業の内部のネットワークをどのように設定していくのかという話になります。このやり方は、重要な情報は外部のネットワークには接続していないところに保存するのが良いです。たとえば社内の物理サーバーにしてもそうですし、それがない場合には代わりに社外のレンタルサーバーの信用できる業者から借りておくというのも一つの手です。そして、そこにさらにパスワードを設定し、接続できる端末も限定しておけばまず大丈夫でしょう。端末認証は多少面倒なのですが、一番確実です。パスワードは流出したら終わりですが、端末認証は端末を取られなければ大丈夫です。

お手軽IVR(自動音声応答システム)で人件費の削減を実現しよう! ナースコールシステムにはアイホン製やケアコム製ナースコール、スマホ連動ナースコールがあります。 関西では病院・福祉施設での導入実績が300件以上になります。 ナースコール+電話交換機・電子カルテといったナースコール+αのシステムの提案を行います。 ナースコール工事と電話工事を一手に引き受けられるのがポイントです。 無線lanを法人向けに導入したいお客様へ