企業におすすめの無線LANにはこんな特徴が

企業におすすめの無線LANというのは単純にネット上で口コミの高い大手業者です。あまりマイナーな業者は辞めておいた方が良いでしょう。というのも、このような回線業者というのはもろに規模の経済が働きます。要するに、回線を多く保有していて、データの通信量にも余裕のある業者であればあるほど安く回線を提供できるということです。大量に仕入れるとものが安くなったりする状況によく似ているでしょう。これはもちろん個人宅でも同じです。最近はwifiでも無線LANのように使用することができるので、そのようにしている人が多いでしょうが、大手の回線業者に個人宅用の回線を通している人も多いでしょう。その際にはなんとなく大手の業者に依頼しているはずです。企業でも同じです。

無線LANは早く通してその後の設定をした方が良い

無線LANの業者で迷う前にネットでさっと見つけて契約した方が良いでしょう。どの業者なら情報流出などが起きないのかなどが気になるでしょうが、基本的に情報流出と回線業者は関係ないです。ネットワークの設定も業者とは関係ないですし、最終的に情報流出するのは個々のパソコンからです。サーバーから情報流出する場合もありますが、非常に稀でしょう。というのもサーバー自体を直接操作することはないでしょうし、サーバーに接続できる端末は限定している場合が多いという理由です。サーバーをインターネットに接続するという状況はまず考えられず、サーバーと接続可能な端末を介してインターネット上に情報が流出するというのも考えにくいです。サーバーの情報を個人の端末に持ってきて流出するというのはありえます。

無線LANを安全に使うための対策

企業では情報流出というのは一瞬で信用を失って倒産に結びつくので、セキュリティ面は非常に重要です。そして、その対策の一つが優先でしかネットにつながないということなのですが、これは不便です。特にノートパソコンを持ち歩く際にはケーブルがないとネットを利用できないというのはストレスになるでしょう。そのため、重要な情報はレンタルサーバー上に保管することや、社内の物理サーバーに保管し、それらはネット上に公には接続しないというのが対策として考えられます。ローカルでだけ接続できるようにするということです。レンタルサーバーに関しては当然ローカルということにはならないのですが、端末の認証システムなどを入れておいて、認証された端末以外はアクセス不能にしておきます。このような対策で良いでしょう。