企業への無線LAN導入に関する裏情報

無線LANは業者のサービスについて知った方が良いというのもあるのですが、ネットワークの仕組みをある程度わかっていると、業者のサービスの説明もわかりやすいというのがあります。こういったネットワーク関連の商品というのは、消費者がよくわからないのを良いことに、サービスの説明が雑という場合もあります。今はネットでもそのような情報を入手することができます。まさにネットをつなごうとしているのであれば、そのネットからその情報を得るのが良いでしょう。装置の名前にしても、ルーターとモデムがどう違うのかなどがあります。厳密に知る必要はないのですが、概要だけ知っておくとサービスの判断がしやすいです。知っておくべき点は、壁に通っている電波を取ってくるのと、それを飛ばすのは別の役割だということです。

無線LANの仕組みを知ったらいい

無線LANは上述の通り壁から電波を持ってきてそれを飛ばします。ルーターというのはこの電波を飛ばす装置のことで、もしも無線LANを使わないのであれば、優先でモデムから引っ張ってくることも可能です。実際そうしている企業も多いでしょう。よくIT企業というと無線を使いこなしているというイメージがあるかもしれませんが、実際はIT企業ほど有線を利用していたり、インターネットに接続できる端末を限定していたりします。また社内ポータルに接続できる端末認証も行い、社内の物理サーバーへの接続も制限が厳しいというような状況です。このような状況というのは不便なのですが、セキュリティの重要性を知っているからこそこのようにしています。新しい技術を理解して取り入れるということが重要です。

企業は無線LANにした方が良いのか

会社によってその辺は異なってきますし、セキュリティが重要なのはどの会社も同じなのですが、どの程度力を入れるのかというのは業務の機密性にもよります。機密性の高い情報を取り扱っている企業であればセキュリティの概念はしっかりしているでしょうし、ある程度のネットワークの知識もあるはずです。とはいっても、多少全体像が分かっていて、コマンドプロンプトの操作ができれば事足りるという場合がほとんどです。便利になっていくと同時に扱いやすくなっているのがインターネットの仕組みなので、インターネットの設定をするのにコマンドを打つというのは今の時代はほとんどないでしょう。付属のCDをなくして困っているけれど、接続したいというような特殊な状況下でのみそのようなスキルが必要です。